トップページ > 講師紹介 > 小出領子

講師紹介Teacher

講 師

客員講師 小出領子

 
6歳より鳥居ゆき子バレエスタジオでバレエを始める。
1996年
オーストラリアバレエ学校に留学。
1997年
東京バレエ団に入団。以後さまざまなレパートリーを踊る。
 
「くるみ割り人形」で主演を果たす。以後主な全幕作品は「眠れる森の美女 (M・ルグリ)」、「ジゼル (M・ルグリ)、(V・マラーホフ)」、「ラ・バヤデール (I・ゼレンスキー)」、「ドン・キホーテ」、「くるみ割り人形 (D・シムキン)」などゲストを相手に主演。アシュトン振付「真夏の夜の夢」タイターニア、バランシン振付「テーマとヴァリエーション」エトワール、フォーキン振付「レ・シルフィード」のプレリュード、「白鳥の湖」など主演を務める他「田園の出来事」ヴェラ役でシルヴィ・ギエムとの共演や国内外での公演にも参加し、'12年パリ・オペラ座ガルニエ宮で東京バレエ団の代表作「ザ・カブキ」でお軽役を演じた。ダンスヨーロッパ誌2010/11シーズン世界のトップ100ダンサーに選ばれた。'13年に同バレエ団を退団。現在、特別団員として籍をおく。その後、拠点を名古屋に移しスタジオを開校し後進の指導にもあたっている。

前のページへ戻る
Copyright(C) Okada Sumina Ballet School All Rights Reserved.